アルス管理株式会社

共用部修繕工事

Common Area Repair

建物管理(BM)業務のなかで、修繕・修理は小さな部分や細かい範囲で必ず発生します。
今まで、相見積もり(他社との比較)はされた事はございますか?
弊社では、他社からの見積もりを精査するサービスも無料でお請けしております。
更に弊社で施工できる工事については2番手で出させて頂くことで建物修繕の費用対効果を確実にするお手伝いを支援致します。

LED照明へのリニューアル共用廊下のリニューアル給水設備の改修・更新排水設備の改修・更新消防設備の改修・更新共用部給水管の更新ゴミステーションの設置

page
Top

LED照明へのリニューアル

政府は、エネルギーを多く消費する白熱灯と蛍光灯について、国内での製造と国外からの輸入を、2020年度をめどに実質的に禁止する方針を固めました。省エネ性能が高い発光ダイオード(LED)への置き換えを促す狙いだ、との報道がされています。

各照明器具メーカーについても、既設の蛍光灯タイプの製造が少なく省エネ、長持ちのLEDへの置き換えが進んでいます。

弊社では、共用部の照明を専門に多くの交換実績がありますので、安心して見積もりから施工までお任せください。


page
Top

共用廊下のリニューアル

弊社では築10年超えをめどに、共用部の化粧直し(リニューアル)をご提案差し上げています。

元々の床材や仕上げ方法も関係しますが、長尺シートやPタイル、フロアーカーペットによる施工や防水塗装など幅広く対応させていただきます。

開放廊下・階段などの床に塩ビシートを貼付します。防水性と遮音性があり、滑りにくく、深夜に気になる歩行の足音も解消します。様々なパターンや色を選ぶことができ、仕上がりに高級感もあります。


page
Top

給水設備の改修・更新

給水設備の種類は大まかに分けて下記の種類となります。

1 受水槽を設けた 加圧給水設備

2 高架水槽及ぶ受水槽を設けた揚水ポンプ式の給水設備

3 受水槽を設けない、直結増圧給水設備


page
Top

排水設備の改修・更新

排水設備の故障は非常に厄介です。

スペースの関係から、排水槽の点検口が地下のテナント内にある場合が有り、そこでトラブルが発生すると最悪テナントの営業がストップしてしまう危険性があります。

弊社は建物の規模やポンプの設置状況により、適切な回数の排水設備点検をご提案差し上げております。

その設備点検の結果で、突発的なトラブルを防ぐ為の保全工事をご提案差し上げております。


page
Top

消防設備の改修・更新

法令義務として年2回の消防設備点検を実施する、点検資格者の点検作業の中で、


page
Top

共用部給水管の更新


page
Top

ゴミステーションの設置